サッカーユニフォーム > アフリカネーションズカップ出場国のユニフォームメーカー構成

アフリカネーションズカップ出場国のユニフォームメーカー構成

サッカー・アフリカネーションズカップもなかなかの盛り上がりを見せているようです。
アフリカサッカーはレベルがどんどん上がっているように感じます。
そんな中、この大会に出場している国のユニフォームを支給しているメーカー構成を調べてみました。
調べたのは予選に参加した48ヶ国と開催国のガーナのメーカー構成及び本大会進出数です。

※数字は左が予選出場国数、右が本大会出場国数を表しています。

PUMA(12→8+1)
エジプト、コートジボワール、カメルーン、モロッコ、ボツワナ、チュニジア、ウガンダ、セネガル、アンゴラ、リビア、トーゴ、ナミビア、ガーナ。

AIRNESS(6→3)
ギニア、ガボン、ベナン、マリ、DRコンゴ、コンゴ。

adidas(3→2)
南アフリカ、ナイジェリア、ルワンダ。

NIKE(2→1)
セイシェル、ザンビア。

UMBRO(1→0)
モーリタニア。

uhlsport(1→0)
マダガスカル。

saLLer(1→0)
ガンビア。

Le coq(1→0)
アルジェリア。

LEGEA(1→0)
ジンバブエ。

不明(18→1)
ブルンジ、スーダン、レソト、ニジェール、リベリア、モーリシャス、赤道ギニア、ケニア、エチオピア、タンザニア、シエラレオネ、ブルキナファソ他


これをみると相変わらずPUMAが強いことが分かりますね。
本大会出場国でも半数以上となる9ヶ国をサポートしていることになります。

次点はフランス語圈に強いAIRNESS。
アフリカ独特の色使いのバランスがなかなか秀逸です。

aeidasは南アフリカ、ナイジェリア、NIKEはザンビアと長年にわたって支給してきた実力国に賭けています。

不明国は18ヶ国ととても多いです。
メーカーロゴすらついていない国もあるようです。

唯一、不明国の中で本大会出場を達成したスーダンは、PUMAあたりがやはり手を伸ばすのでしょうかね?

サッカーユニフォームの激安通販!
オーダーやレプリカユニフォームも格安
RSSAtom