サッカーユニフォーム > 世界の個性的なサッカーユニフォーム

世界の個性的なサッカーユニフォーム

サッカーのユニフォームは実に数多くあります。
では、そんな数多く存在するサッカーユニフォームの中で、特に個性的なユニフォームを国内外問わずいくつかピックアップして紹介していきたいと思います。

まずは、98年W杯前後のメキシコ代表です。
最近はプーマがシャツの一部分に各国の象徴といえるものをうっすらと入れていたりしますが、このときのメキシコ代表のものは全身にアステカの神々がくっきりと刻み込まれています。
これはかなりカッコイイと思いました。

次にこれまたメキシコ代表ですが、90年代に活躍した小さなGKカンポスのユニフォーム。
一人だけ自身でデザインした特注モデルを着ていたんです。
3色以上の蛍光色を組み合わせて、星や稲妻や渦巻きといった奇抜な柄が入り、しかもなんと日替わり。
サッカー史上最も派手なユニフォームではないでしょうか。

続いて国内のJ初期のセレッソ大阪です。
蛍光ピンクの桜吹雪のシャツに蛍光水色のパンツ。
チームとしては、サッカー史上最も派手なユニフォームかもしれません。

それから、94年W杯のアメリカ代表。
ホームが紺色に銀の星、また、アウェイは赤のストライプと、これはまさに星条旗。
地元開催なだけあってデザインも気合が入りまくっていましたね。

最後に98年W杯前後の日韓代表。
それぞれ紅蓮の炎、黒赤の陰陽があしらわれているものでした。
こちらも地元開催なので気合が入っていましたね。

いくつか紹介してみましたが、これらのほかにも個性が強いユニフォームはたくさんあると思いますよ。

サッカーユニフォームの激安通販!
オーダーやレプリカユニフォームも格安
RSSAtom