サッカーユニフォーム > 国内サッカーにおける試合後のユニフォーム交換について

国内サッカーにおける試合後のユニフォーム交換について

海外のサッカーや代表戦などを観ていると、試合終了後に両チームの選手がユニフォームの上着を交換している光景をよく目にします。

あれは互いの健闘を称えあう感じでとてもいい光景だと思いますね。

ここでふと思ったのは、Jリーグでは何故この試合後のユニフォーム交換がないのだろうということです。

ほとんど目にする機会がないですよね。

これには理由があるようで、年間で支給されるユニフォームの数が決まっているため、禁止される場合があるんだそうです。

過去にレアルマドリードのジャパンツアーのときに、森本貴幸(当時ヴェルディ・現カターニャ)が憧れのロナウドと試合後にユニフォーム交換をしようとしました。

その際、夏用のユニフォームの数が限られていたために記念撮影だけにされてしまったそうです。

ルールで禁止されているわけでは無いのです。

しかし、ユニフォームをあげた場合は、多くのチームで年間に支給されるユニフォーム枚数が決められているので、それ以上のユニフォームは自腹になってしまうんです。

それでも、時々サポーター席にユニフォームを放り投げる選手も目にしますし、試合後にロッカールームや選手バス乗り場で交換する選手もいるにはいるようですね。

数年前にピッチ上での話ではありませんが、グランパスのウェズレイとジュビロのグラウがユニフォーム交換しているのを目撃しました。

試合後のユニフォーム交換は、サッカーの非常によいところだと思うだけに、このような理由で交換ができないというのはやや残念ですね。


サッカーユニフォームの激安通販!
オーダーやレプリカユニフォームも格安
RSSAtom