サッカーユニフォーム > サッカーユニフォームの洗濯法

サッカーユニフォームの洗濯法

サッカーのユニフォームを洗濯する場合、皆さんはどうしていますか?

サッカーのユニフォームに限ったことではありませんが、背番号が付いたユニホームというものは洗濯にナーバスになる物なんです。

では、ユニフォームの正しい洗濯の仕方について書いてみたいと思います。

まず、洗濯機に入れる直前に、ユニフォームを裏返しにしてください。

ユニホームのみで洗濯をする機会はなかなか少ないと思いますし、背番号に何かが直接当たる状況はできるだけ避けましょう。

当然ネットに入れるようにしてください。

洗剤や洗濯機の強さなどもなるべく弱い物が良いですね。

また、乾燥機はユニフォームによくないんです。

最近のユニホームの素材は、乾燥機が必要なほど、ドライ機能が効いていない物はないでしょう。

なので、裏返しにして、陰干しにするのがいいですね。

日干しは色が褪せてしまうので注意が必要です。

アイロンがけの際はなるべく裏から当てるようにしてください。

また、表からの場合は、必ず、あて布(日本手拭いでOK)です。

あて布をしないと、背番号だけでなく、ユニフォームの生地を傷めてしまいます。

生地には表と裏があって、表の生地(特にポリエステル)はきれいではありますが、熱に弱いので要注意です。

フロッキーの場合、何度も洗濯すると剥がれることがあります。

ただ、心配は不要で背番号の裏の糊は死んでしまっているわけではないんです。

その場合は、あて布を行ってできるだけ短時間高圧のアイロンをあて、張り直してください。

大事なユニフォームなので、洗濯する際も大切に扱ってくださいね。


サッカーユニフォームの激安通販!
オーダーやレプリカユニフォームも格安
RSSAtom