サッカーユニフォーム > サッカーユニフォーム購入でトラブル

サッカーユニフォーム購入でトラブル

サッカーのユニフォーム購入でこんなトラブルが実際にあったそうです。

「タイで買ったサッカーユニフォームが、税関で偽物だって言われて没収されたよ。そんなこと知らなかったし、安かったんで友達に20枚ぐらい買ったんだよ。何とかならないもんかな」。

と、熱狂的なサッカーファンの友人から電話で相談があったそうです。
仕事でタイを訪れたこの友人は、偶然露天にてサッカーユニフォームが販売されているのを目にしました。
偽物も多いとは聞いていたが、ここで売られているものは公式タグも付いているし、しっかりした布地の製品。
また、ビニール包装もしっかりされているし、問題はないと思ったのだとか。

時はサッカーW杯前。
日本国内でも盛り上がることを想定して、20枚も買ったが税関で偽物だと没収された。

このケースですが、まず手元に戻ることはありません。
なぜなら、偽物を日本に持ち込むことができないからです。

新聞やニュースで、税関で差し押さえられた偽物のユニフォームが公開されていましたが、これらはかなり精巧に作られたものが多いんです。
例えば、わずかに異なる包装方法だったり、胸エンブレムの3本足のカラスの頭の形や目の色が微妙に違う日本代表のユニフォームなどですね。
これらは素人には分かりにくくても、税関職員は特徴を知っていますので、すぐに偽物だと見破ってしまうのでしょう。

偽物を大量に日本に持ち帰ってしまうと最悪逮捕されることもありますので、しっかりとしたお店で購入しましょう。
特に危ないのは、値段が不自然に安い露天業者なので、こういうところでは買わないのが無難です。

サッカーユニフォームの激安通販!
オーダーやレプリカユニフォームも格安
RSSAtom