サッカーユニフォーム > 裁判に発展してしまったサッカーユニフォーム問題

裁判に発展してしまったサッカーユニフォーム問題

サッカーのユニフォームが裁判にまで発展してしまったという事例を紹介してみます。

かつてサッカー日韓W杯にてカメルーンがノースリーブ型ユニフォームの着用を禁止された・・・ということがありましたよね。
今回の裁判の件もまたもカメルーン関連だったりします。

04年アフリカ選手権においてカメルーンが着用したワンピースタイプのユニフォームに対し、FIFAが禁止措置を取りました。
これを受けてカメルーンのユニフォーム担当のプーマは、200万ユーロを超える損害賠償を求めて、同年7月28日にFIFAを提訴したんです。

この事件ですが、禁止通達を受けたカメルーンは、予選リーグで一度ワンピースタイプのユニフォームの使用をやめたんです。
しかし、決勝トーナメントで再度着用したことによって制裁を受けているんですね。
制裁の内容は厳しいものになり、20万スイスフランの罰金、ドイツW杯予選にてカメルーンの勝ち点6剥奪でした。

なぜ一度やめた禁止ユニフォームを再度着用したかに関しては、カメルーンのサッカー協会の腐敗が囁かれているのだとか。
例えば、協会の幹部がユニフォームを使用することでメーカーに対し金をせびったという説。
選手にW杯出場ボーナスを支払いたくないので、勝ち点剥奪のペナルティを想定し、W杯出場を意図的に不可能にした、といった説ですね。

しかし、FIFAも勝ち点の剥奪は一種のブラフだったようでして、その後、罰金のみを残して処分を撤回しているんです。

サッカーユニフォームの激安通販!
オーダーやレプリカユニフォームも格安
RSSAtom