サッカーユニフォーム > サッカー日本代表のユニフォームは何故青色なのか

サッカー日本代表のユニフォームは何故青色なのか

サッカー日本代表の新ユニフォームが発表されましたね。
今回も青を基調としたデザインとなっています。
ここでふと思うのは、「サッカー日本代表のユニフォームはどうしていつも青色なのか」ということです。

実はどうして青が採用されているのかは不明なんです。
日本=青というのは昔からの伝統のようで、明確な理由は分かっていないんですね。
代表チームというものは、その多くが母国の国旗の色をベースにしているんです。
しかし、日本代表はというと国旗の色ではなくて、青色を基調としています。
これは初のオリンピック参加となった1936年ベルリンオリンピックにおいて、青色のユニフォームを着用した日本代表が強豪スウェーデン代表を破るなどの活躍をしたからだといわれています。
日本代表が初めてW杯予選に出場した1955年スイス大会予選の時も青のユニフォームが採用されていました。

昔から青色とは「すがすがしさ」や「さわやかさ」などを表現し、日本人が好む色のひとつとされているんです。
私も言われてみれば青は好きな色だったりします。

周囲を海に囲まれた島国・日本のイメージ、あるいは青春のイメージではと想像されているんですね。
現存する日本代表最古のユニフォームは、ベルリンオリンピック日本代表の際のものが秩父宮記念スポーツ博物館に保管されていて、その色はライトブルーです。

今後も日本代表のユニフォームのデザインはいろいろ変わったりするのでしょうが、青色というカラーはずっと変わらないんでしょうね。

サッカーユニフォームの激安通販!
オーダーやレプリカユニフォームも格安
RSSAtom