サッカーユニフォーム > サッカー日本代表のユニフォームのエンブレムは何故烏?

サッカー日本代表のユニフォームのエンブレムは何故烏?

日本代表のユニフォームをよく見てみると、胸のエンブレムに何やら鳥のようなものが目に入ると思います。

この鳥は何なのでしょうか?

そして、何故鳥なのでしょうか?

そのことについて少し触れてみましょう。

このユニフォームの胸にある鳥のマークは日本サッカー協会のシンボルマークです。

モチーフになっている3本足の鳥の名称は「ヤタガラス」で伝説上のカラスだそうです。

古代、神武天皇東征の際に天皇の道案内を「ヤタガラス」がしたという伝説が残っています。

また、三本足のカラスは中国の古典にも「日出づる国のシンボル」とあるとのことで、1931年に日本サッカーの象徴として制定された経緯があります。

このときに図案化されたシンボルマークの三足烏とは、中国の故事によったものと言われていますが、日本においてはこれは紛れもなく「ヤタガラス」であるとされています。

この図案の発案者は、筑波大学の前身の東京高等師範学校の内野台嶺教授だといわれています。

東京高等師範学校は日本のサッカーの草分け的存在でもあり、1878年にサッカーを学校教材としてすでに採用していたところなんです。

日本各地にサッカーの普及活動を行ったのもこの学校であり、日本サッカーの歴史そのものといってもいいかもしれません。

1921年、日本サッカー協会の前身となる大日本蹴球協会を設立したのもこの学校の関係者が中心となっていたそうです。

ちなみに内野教授は1906年当時の東京高等師範学校のサッカー部員でした。


サッカーユニフォームの激安通販!
オーダーやレプリカユニフォームも格安
RSSAtom