サッカーユニフォーム > サッカーJ1・鹿島の08’モデルユニフォーム

サッカーJ1・鹿島の08’モデルユニフォーム

昨年11月に早くもサッカー・J1の鹿島アントラーズの新ユニフォームが発表されました。

ナイキ製のこの新ユニフォームは、ホームタウンマークを新たに採用し、「KASHIMA」の文字に代わる形でユニフォームの右袖部分を飾ることになりました。
また、背番号下部にアントラーズとしては初となる選手名を入れることになったようです。

生まれ変わろうとしているアントラーズの象徴として、ユニフォームも斬新に「衣替え」されています。
ファースト、セカンドともチームカラーであるディープレッドと、セカンドカラーであるディープブルーが組み合わされたものとなっています。

元々、赤は茨城の県花であるバラ、青は鹿島灘の海の色から取り入れられたカラーであり、さらに徐々に深みを増していき、現在の色に定着しました。

新ファーストユニフォームですが、ディープレッドとディープブルーの斬新な横縞になっています。
ディープブルーの4本のストライプは、太平洋、利根川、北浦、霞ヶ浦の「水」を表現しているようですね。
水郷筑波国定公園に位置していて、水に非常に恵まれているホームタウンエリアを象徴としていますね。

また、4本のストライプにより分けられた5つのディープレッド部分は鹿嶋、神栖、潮来、鉾田、行方のホームタウンである5つの市の大地を表しているそうです。

全体の印象としてはフラメンゴに似ている気がします。
やはりジーコつながりでしょうか。

08年も鹿島はこの新ユニフォームとともに日本サッカーを盛り上げてくれそうな気がします。

サッカーユニフォームの激安通販!
オーダーやレプリカユニフォームも格安
RSSAtom