サッカーユニフォーム > サッカー代表チームユニフォームの由来

サッカー代表チームユニフォームの由来

サッカーの代表ユニフォームには各国それぞれ由来というか特色が表現されているものです。

日本の青に関しては、その昔に胸に日の丸をつけていた時代に(今は袖につけています)、それが映えるようにとのことで青にしたのだそうです。

ちなみに日韓W杯に出場した32カ国のうち、実に29カ国は自国の国旗の色をモチーフにしているんです。
たとえばフランスの場合ですと、上着は青でパンツは白、ソックスは赤という感じでトリコロールです。
国旗の色とユニフォームの色が無関係なのは、実はイタリア、スロベニア、そして日本の3カ国だけだったんですよ。

イタリアの青色のユニフォームは、その昔、ローマ帝国時代において聖地を奪還した、強力な軍隊の象徴である十字軍の青い鎧をモチーフとしています。
スロベニアのユニフォームカラーは緑ですが、これは国土の山山を表現しているのだとか。

なお、ブラジルの場合は、カナリア色がたまたま国旗にも採用されていますが、これはユニフォームの色とは関係がないそうです。
その昔、ブラジルが敗戦した際、ブラジル人がショックで心臓マヒにより数人死亡したことがあったんです。
そのときの悲劇の傷を癒してくれる「カナリア」色をユニフォームにも採用したことに由来しているのだそうですよ。

また、日韓W杯にこそ出場していませんでしたが、オランダのオレンジは「オレンジ公」に由来しています。

本当にサッカーの代表ユニフォームの由来は多種多様なものがありますね。

サッカーユニフォームの激安通販!
オーダーやレプリカユニフォームも格安
RSSAtom