サッカーユニフォーム > 世界のサッカー代表ユニフォームの傾向(2006~編)

世界のサッカー代表ユニフォームの傾向(2006~編)

サッカー代表チームのユニフォームのモデルチェンジというのは、基本的には2年ごとに行われるんです。
では、2006年以降の代表各国サッカーユニフォームの全体的な傾向を少し書いてみることにしますね。

・06ドイツW杯~07年

W杯出場32ヶ国のメーカーシェアは、PUMAが12、NIKEが8、adidasが6、UMBROとlottoが各2、Jomaとmarathonが各1となっています。

adidasがシェアトップの座から初めて滑り落ちてしまいました。
そして、アフリカ5ヶ国を始めとする各大陸を満遍なくサポートしたPUMAが首位に躍り出ることに。
ただ、adidasはユナイテッドとリベロの両モデルにおいて、曲線ラインを強調するデザインを続々リリースして、デザインの潮流を作りました。
リベロ、そしてそれに続く形のオノーレのアシンメトリーデザインの採用や、他ブランドでも見られている胸ゼッケンの真ん中から右胸への移行はその流れになります。

adidasは、ホームとアウェイの両モデルで別々の異なる汎用モデルを採用する場合が増え、また、NIKEもアウェイモデルについてはオリジナルデザインを採用することが増えました。
PUMAはデザインこそシンプルですが、身頃に各国の国旗、エンブレムの動物、紋様をスカシ風に入れています。
また、PUMAのロゴの肩への配置は、以降KAPPAでも見られますね。

・ユーロ08スイス/オーストリア

ユーロ出場16ヶ国のメーカーシェアは、adidasが5、NIKEが5、PUMAが5、UMBROが1です。

まさに3大ブランドがしのぎを削っていますね。
イングランドが出場を逃してしまったUMBROはスウェーデンに賭ける形です。

サッカーユニフォームの激安通販!
オーダーやレプリカユニフォームも格安
RSSAtom