サッカーユニフォーム > 世界のサッカー代表ユニフォームの傾向(90年代後半編)

世界のサッカー代表ユニフォームの傾向(90年代後半編)


サッカーの代表チームのユニフォームのモデルチェンジというものは、大体2年ごとに行われます。
では、90年代後半の全体的な傾向を書いてみます。

・ユーロ96イングランド~97年

ユーロ出場16ヶ国のメーカーシェアは、adidasが5、lottoが3、PUMAとUMBROが各2、NIKE、Reabok、hummel、Olympicが各1です。

イタリアのサッカーユニフォーム支給ブランドとしてNIKEが初の国際大会に進出し、以降急速に攻勢を強めていくことになります。
また、16ヶ国中で衿付きモデルが実に12ヶ国と形勢は逆転し、衿付き全盛となっています。
袖に大会用のパッチが義務づけられたことも、このユーロからです。

・98フランスW杯~99年

W杯出場32ヶ国のメーカーシェアは、adidasとNIKEが各6、PUMAが5、UMBROとReabokが各3、lottoとKAPPAが各2、DIADORA、asics、hummel、ABA、Shamelが各1となっています。

NIKEとPUMAが攻勢を強めて、adidasとの3大シェア争いは激化しました。
日本のW杯初出場と共に国内メーカーのasicsも初出場を果たしたことになります。
強国のデザインはシンプルな傾向ですが、日本、クロアチア、ジャマイカ、南アフリカなどの初出場国は個性が強めなデザインで気を吐きました。

また、本大会用モデルには、全チーム「FIFA WORLD CUP FRANCE 98」という刺繍が入りました。
それと、オランダの99年モデルから、自国と対戦国の2つの国旗が入る傾向も見られます。

サッカーユニフォームの激安通販!
オーダーやレプリカユニフォームも格安
RSSAtom